アーモンドのキャラメリゼでシミ・しわ予防。簡単おやつレシピ

2019/03/07

ほっと一息つくおやつタイム。至福の時とはいえ、何を食べるかによって肌への影響が気になるところ。甘いおやつを食べたい気持ちと葛藤している大人女子も多いのではないでしょうか。

そんな時は、チョコやケーキなどではなく、肌にいい“ナッツ”を取り入れてみてはいかがでしょう。かしこく摂取すれば、小腹が満たされるだけでなく美肌にも近づくことができます。

今回は、他のナッツ類と比べても、ビタミンEが断トツで多い“アーモンド”を使った簡単に作れるおやつレシピをご紹介します。手作りにすることで砂糖や油分の調整をすることができるのでよりヘルシーに仕上がり、添加物などが入ることもなく安心です。ちょっとゆっくりしたいリラックスタイムにおすすめします。

ナッツ類No.1の量を誇るビタミンEでアンチエイジング。アーモンドの美容効果とは

アーモンドの美肌成分としてまず注目したいのが、「ビタミンE」と「オレイン酸」。

まず“ビタミンE”は、老化の原因となる活性酸素を除去する役割があり、シミやしわの予防が期待できます。アーモンド100gあたりに含まれるビタミンEは約31.2mg。ビタミン類は体内に蓄積しにくいため、定期的に摂取することが大切になってきます。

そしてもうひとつの注目成分は“オレイン酸”という脂質。アーモンドの主成分でもあるオレイン酸にはアンチエイジングに効果があり、シミやしわを予防してくれます。

脂質と聞けば、「太ってしまうかも……」と感じるかもしれませんが、アーモンドに含まれるオレイン酸は通常の油と違い、体内で酸化しにくい不飽和脂肪酸。血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあるため、美肌だけでなく、ダイエットにも効果的です。

▼関連記事
管理栄養士が教える、美肌におすすめの間食と食べ方のコツ

食材《2人前/調理時間:20分》

  • アーモンド……100g
  • メープルシロップ……大さじ2
  • きなこ……大さじ1
  • 塩……ひとつまみ

手順

  • 1.アーモンドを包丁で荒く刻む

  • 2.小鍋にメープルシロップを入れ、弱火にかける

  • 3.すぐにアーモンドを加える。塩を振り、1分くらい炒る

  • 4.バットにアーモンドを広げ、粗熱を取る

  • 5.食べやすい大きさに包丁で切り、きなこをまぶして完成!

★ポイント

アーモンドを刻むことで、より一層メープルシロップが絡まり美味しくなります。また刻むことで、栄養の吸収率もアップ。包丁で砕くのが面倒な時には、2重にしたビニール袋の中に入れてめん棒などで叩くと簡単に砕けます。

ビタミンEだけでなく食物繊維も。体内から美肌を目指そう

20歳をピークに免疫力は低下すると言われています。30〜40歳は20代にも増して免疫力が気になるお年頃。免疫力が低下すると病気をしやすくなるだけでなく、肌トラブルの原因にもつながります。そうした時の対策が、腸内環境を整えること。腸には免疫細胞の70%が存在すると言われており、腸内環境を良くすることで免疫力は上がると言われています。

アーモンドは、ビタミンEだけでなく「食物繊維」も豊富。その量はごぼうの2倍、さつまいもの4倍もあり、腸内環境を整えるにはもってこいの食材です。

アーモンドの1日の摂取量は1日20粒くらいが目安になります。数粒程度でも小腹が満たされるので、口さみしい時につまむのがおすすめです。

橋本昌美

橋本昌美

管理栄養士、インナービューティープランナー、フードスペシャリスト。 大学卒業後3年間、厚生労働省認定の健康増進施設にて健康カウンセリング、メニュー開発などに従事。食事で身体が変わったことがきっかけで現在は「食で人を幸せに」をモットーに料理教室、レシピ考案などに携わる。