「頑張らない」が合言葉。サバ缶で作るエスニックサラダ

2018/11/1

毎日バタバタと過ごしていると、料理が億劫に感じてしまう日もきっとあるはず。一方で、カラダのことを考えると、疲れている日こそ栄養のある食事を摂りたいものです。

そんな日におすすめの、コンビニで買える定番商品を使った肌とカラダに嬉しいレシピをご紹介します。今回アレンジする商品は、「サバの水煮缶」。外食が続くと摂取しにくいDHAやカルシウムを、おいしく上手に取り入れましょう!

乾燥知らずのツヤ肌に。サバ缶に含まれる栄養素

乾燥知らずのツヤ肌に。サバ缶に含まれる栄養素

忙しさゆえ外食に頼る日が続くと、魚を食べる機会は減ってしまいがち。そこで注目すべきが、手軽に買えて調理もしやすい「サバの水煮缶」です。

サバを始めとした青魚は、美肌になりたい人こそ摂取すべき食材。DHA・EPAといった細胞膜の原料となる脂肪酸が豊富に含まれるため、みずみずしくツヤのある肌へ導いてくれます。血行促進効果もあるため、くすみや肌荒れ改善も期待できます。さらに、しみ・くすみの原因となるメラニンの合成を遅らせる働きがあるとも言われています。

また、サバは皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB2や、たんぱく質の代謝に関わるビタミンB6も豊富。どちらも肌の免疫機能を正常に維持するために重要な栄養素なので、肌荒れに悩む人は積極的に食べましょう。

食材《2人前/調理時間:5分》

食材《2人前/調理時間:5分》
  • サバ缶……1/2
  • 玉ねぎ……1/8
  • アボカド……1/2
  • ミニトマト……6個
  • パクチーやシソなどの香草……お好み(今回は2束分使用しています)

【A】

  • レモン汁……小さじ2
  • ナンプラー(※)……小さじ1
    ※ナンプラーがないときは醤油(できれば薄口)で代用できます。その際は、水煮缶の煮汁も醤油に少し加えてください。
  • ゴマ……お好み

手順

  • 1.玉ねぎは粗めのみじん切り、アボカドは1cm大、ミニトマトは半分に切る。

  • 2.サバの水煮缶から身だけをボウルに入れてほぐし、1を加える。

  • 3.【A】の調味料を加え、和える。

  • 4.お皿に盛り、ゴマやパクチー、シソなどをかけて出来上がり!

★ポイント

パクチーなどの香草が苦手な人は、水菜などの野菜で代用してもいいでしょう。ゴマを加えることで食感が楽しめます。

そのままサラダとして食べても美味しいですが、クラッカーの上にのせてカナッペにしたり、冷たいうどん・そば・そうめんの具にしたりしても美味しいですよ!

抗酸化作用のある食材をプラスして、美味しくアンチエイジング

アボカドは、“若返りビタミン”とも呼ばれるほど抗酸化作用のある「ビタミンE」を豊富に含む食材のひとつ。シミやそばかすを予防する効果が期待できます。

ビタミンEは血行促進作用もあり、くすみなどの肌悩みのほか、肩こりや頭痛など血行不良による症状の緩和にも効果があると言われています。また、女性ホルモンの生成を助ける作用があるのも嬉しいポイント。月経前症候群(PMS)や生理不順に悩む女性は、とくに摂取しておきたい栄養素です。

また、トマトにも抗酸化作用のある「リコピン」が含まれるため、アボカドと一緒に摂取すれば、よりアンチエイジング効果がUP! 味の組み合わせも抜群のトマト&アボカドなら、肌トラブルを美味しく予防できますよ。

和田梓

和田梓

管理栄養士。神奈川県立保健福祉大学卒。食の観点から健康・美容を叶えるレシピの開発を行う。簡単で誰でも作れる創作家庭料理、おもてなし料理が得意。