【ハリ】今さら聞けない!卵に含まれる成分と期待できる効果

2018/11/08

テレビや雑誌をにぎわせる話題のスーパーフードのみならず、身近で買える食材にも美容に嬉しい栄養素を含むものがたくさんあります。

日常的に摂取しやすい食材を、より効果的に美肌づくりへとつなげていくために栄養素の働きをあらためて見直してみませんか? 今回は、アミノ酸やたんぱく質が豊富な「卵」についてご紹介します。

1日2個以上食べてもOK!「完全栄養食品」とも称される卵の魅力とは

以前までは「コレステロールが高いため、1日1つまで」と言われていた卵。コレステロールを多く摂取してしまうと、脳卒中や心臓病などの病気リスクが上昇すると考えられていました。

しかし、近年の研究により、健康な方は1日2個以上食べても問題ないことが明らかになっています。なぜなら体内のコレステロールが一定量に保たれるように肝臓内で調整されているため、食品から多く摂取してもそのまま血中総コレステロール値が上昇するわけではないからです。

必須アミノ酸が豊富。ハリのある肌づくりには欠かせない卵の栄養素

忙しい日々に追われていると、栄養バランスのとれた食事を毎日のように摂取するのは難しいもの。一方、必要な栄養素をサプリメントで補おうとすると、かなりの量が必要になるでしょう。

その点、卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、生きるために必要な栄養素が多く含まれています。

なかでも特筆すべき栄養素が「たんぱく質」。たんぱく質は体を作る働きがあるので、肌や髪を健康的に維持するためには欠かせないもの。たんぱく質が不足すると基礎代謝が落ちて肌のターンオーバーが乱れることで、肌のハリやツヤが失われてしまうことも……。

一方、卵に含まれるたんぱく質には、食事から摂取すべき栄養素である9種類の必須アミノ酸がすべてバランスよく含まれており、その栄養素の高さから「完全栄養食品」とも称されるほど。数ある食材のなかでも、とくに良質なたんぱく質源と言えるでしょう。

そのほかにも肌に潤いを与えるビタミン類や、日頃不足しがちな鉄分など、美容に嬉しい栄養素が卵には多く含まれています。

ゆで卵のようなハリのある肌に。卵に期待できる美容効果

(1)ハリのある肌に導く

真皮層に存在するコラーゲンは、肌のハリを保つために必要不可欠な成分ですが、加齢による肌老化や、紫外線による外部要因によってコラーゲンの働きが低下すると、シワやたるみとなってしまうことも。

そこで重要な役割を担ってくれるのが、卵に含まれる必須アミノ酸。じつは、コラーゲンの主原料はアミノ酸だと言われています。卵でアミノ酸を補充してあげることで、角質の状態を整え、ハリのある肌へと導いてくれます。

(2)アンチエイジング効果

さらに卵にはアンチエイジング効果も期待できそうです。卵黄に含まれる「ビオチン」というビタミンは、糖質・脂質・たんぱく質の代謝を助け、肌細胞の再生力を高める働きがあります。また卵黄の色素成分である「カロテノイド」には抗酸化作用があるため、紫外線によるダメージから肌を守ってくれます。

(3)髪のキューティクルを整える効果

髪の水分を保つために1本1本の髪を覆っているのがキューティクル。ヘアカラーやパーマをはじめ、毎日のドライヤーや紫外線により、どうしてもキューティクルは傷んでしまうもの。卵を食べてアミノ酸を多く摂取すれば、キューティクルの保湿力が高まります。切れ毛を防ぎ、しっとりした髪を保つことができるでしょう。

ビタミンCや食物繊維を含まない卵。さらにツヤ肌に導くための食べるコツとは

卵は栄養価が高く、美容や健康に良い成分がバランスよく摂取できる食材ですが、ビタミンCや食物繊維は卵に含まれていないので、一緒に取り入れると良いでしょう。

  • ・ビタミンC……体内でコラーゲンを作る際に必要な栄養素。柑橘類やいちごなどのフルーツ、緑黄色野菜、いもなどに多く含まれる。
  • ・食物繊維……腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれる栄養素。穀物、いも、豆、野菜、果物、きのこ、海藻といった食品に多く含まれています。

上記の栄養素を、卵と一緒においしく摂取するためには、

  • ・ゆで卵をのせたサラダ
  • ・雑穀米を使った卵かけご飯
  • ・玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、トマトなどの野菜を使ったスパニッシュオムレツ

などの料理がおすすめです。

卵は栄養価が高いだけでなく、肉や魚に比べて価格が安価で消費期限が長いのも嬉しいポイント。肉と違って、冷めても美味しく食べられるのでお弁当のおかずにも向いています。

その上アレンジが利きやすいので、上記の食べ方以外にも組み合わせる食材や調理法を変えてレパートリーを増やして色んな楽しみ方ができるでしょう。

気軽に取り入れられる「卵」で、おいしく美肌づくり

スーパーやコンビニなどでも買える身近な食材ながら、さまざまな栄養素を豊富に含んでいる「卵」。肌のターンオーバーを促す必須アミノ酸や、肌にうるおいを与えるビタミン類など、どれも女性に嬉しい栄養素ばかりです。

ただし、ビタミンCと食物繊維も一緒に摂取することをお忘れなく。より美肌づくりに効果的な食べ合わせで摂取すれば、さらに健やかな肌へと導いてくれるはず。

秋永百合香

管理栄養士。給食施設での大量調理や病院での栄養管理・栄養指導の経験を積む。現在は、社員研修の講師やヘルパーステーションの研修講師、WEB記事の執筆や監修を行い、人々の健康を様々な角度からサポートしている。