ホルモンバランスを整える3つの方法。気になる肌荒れの解消法

2019/05/30

加齢とともに増えていく肌荒れやニキビなどの肌の悩みには、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。事実、女性ホルモンは30才頃から次第に減少していくうえ、体内で増やすことができないもの。肌トラブルや生理不順、不眠、免疫力の低下……乱れたホルモンバランスをそのままにしておくと、心身の不調を次々と引き起こします。

今回は、女性ホルモンにくわしい専門家 烏山ますみさん監修のもと、ホルモンバランスの乱れによる影響と整え方をご紹介します。自分の身体とうまく付き合うために、ホルモンバランスを整えていきましょう。

2つの女性ホルモンの仕組み

女性の身体をコントロールする女性ホルモンには、月経と連動して卵巣から分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります。それぞれの仕組みをくわしくみてみましょう。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

肌のハリや髪の潤いを保つほか、自律神経のバランスを整えたり、女性らしい丸みのある身体をつくるなど心身の健康をコントロールするホルモン。分泌量は月経終了後から徐々に増加し、排卵により降下します。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

受精卵の着床や妊娠の継続に関わる役割を担い、生理前に現れる身体の変化に影響するホルモン。排卵後から徐々に分泌をはじめ、月経前になると減少します。

これらふたつのバランスが乱れると、肌荒れの原因や健康に大きな影響を与えてしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる原因と肌荒れの関係

エストロゲンは肌にハリを与えるコラーゲン生成の促進や肌の水分量を増やす働きがあり、プロゲステロンには皮脂分泌を促す働きがあります。月経と連動して規則的に分泌される女性ホルモンの分泌量は、初潮が始まる頃から上昇して30才までにピークを迎え、閉経に向かって減少していきます。30才頃から肌トラブルに悩む女性が増えるのは、女性ホルモンの減少によって肌の保湿やバリア機能が失われることが原因です。

また、これらの女性ホルモンはいずれもストレスに弱い性質を持っています。女性ホルモンの減少が肌の不調に現れるようになる30代は、仕事が忙しくなったり、結婚や出産など日常生活においてもさまざまなライフステージの変化がある時期で、なにかとストレスがかかりがち。そのため、この時期にもっとも肌荒れが起きやすくなるといわれているのです。

ホルモンバランスの整え方

意識的にホルモンバランスを整えることは、美肌をつくるためにはもちろん、心身を健康に保つためにも大切です。ホルモンバランスを整えるには、まず普段の生活習慣を見直すのが第一。ここでは、美肌へ導くホルモンバランスの整え方を3つご紹介します。

質のいい睡眠をとる

ホルモンバランスが乱れる原因には、睡眠不足も大きく関係しています。睡眠時間が十分に確保できていなかったり、眠りが浅く質の悪い睡眠が続くと、自律神経が乱れてストレスの原因につながります。睡眠は最低でも6時間以上とることを意識し、質の良い眠りをもたらすため、寝る前にリラックス効果のあるヨガやアロマオイルなどを取り入れるのも良いでしょう。

▼関連記事
寝る前10分の”夜ヨガ”で自律神経を整え、美肌を手に入れよう
週末はアロマで「心のデトックス」。今の気持ちで選べる香り5選

食生活を整える

バランスのとれた食事は、女性ホルモンのバランスを整えるためにとても重要な役割を果たします。食事は毎日3食をしっかり食べ、糖分やカフェイン、アルコールの摂りすぎに注意しましょう。食事内容は、肉や魚、大豆などのタンパク質、野菜、炭水化物、少量の良質な油をバランスよく摂取し、健康的な食事を心がけることが大切です。

▼関連記事
作り置きもできる簡単美肌レシピ!目指せツヤ肌の1週間メニュー

適度な運動をする

運動不足は、自律神経のバランスを乱すだけでなく、女性ホルモンの分泌にも影響を与えます。適度な運動を取り入れることは、代謝を上げて、肩こりや頭痛、冷えの予防にもつながります。

とはいえ、いきなり過度な運動を取り入れるのは逆効果。ホルモンバランスを整えるためには、リラックス効果のあるウォーキングやストレッチやヨガなどの、ゆっくりした有酸素運動がおすすめです。

ストレス解消がホルモンバランスの乱れを防ぎ、美肌を保つ

ホルモンバランスを整えるためになによりも大切なのは、できるだけストレスフリーな状態をつくること。ストレスや生活習慣、加齢が原因で起こるホルモンバランスの乱れは美肌の大敵です。

忙しい毎日のなかでストレスをまったく溜めないというのは難しいですが、音楽や本、自分の好きなことに触れるなど、ストレス発散につながる趣味を見つけられるといいでしょう。

無理なく続けられる方法で、自分に合った“ホルモンバランスの整え方”を探してみてくださいね。

烏山ますみ

烏山ますみ

一般社団法人 女性ホルモンバランスプランナー協会代表理事。aroma&esthetic ICHIKA.代表。独自の知識・技術をもとに「女性ホルモンバランスプランナー®」を創設。不妊、生理トラブル、PMS、更年期で悩む方のみならず、女性ホルモンに関与するお悩みに働きかける独自のセラピーを考案し、女性のキレイを応援している。著書に『セラピストのための女性ホルモンの教科書(BABジャパン刊)』がある。